夫が浮気をする理由

夫の浮気を心配したり、浮気の有無を調べる方法を検索しているのですか?

 

しかし、そもそも夫はなぜ浮気をするのか?何を求めているのか?

 

そこを考えて手を打たないと、やめさせても再発するかもしれません。

 

夫の浮気の原因はいろいろなケースがあります。

 

思い込みが強いと的外れなことをしてしまう可能性があります。

 

冷静に考えてみるために整理してみました。

 

夫は浮気に何を求めているのか?

セックスが一番に来るのは事実でなので、そこから話を始めますが、それだけとは限りません。

 

性欲の充足

家の外で性欲を満たしたい理由はさまざまです。

 

やはり、多いのは家で充足できない人。これは2タイプあります。

 

  1. 性欲はあるが、妻ではもう満たせない。
  2. 奥さんの方がセックスに消極的、もしくは拒否。

 

1.性欲はあるが、妻ではもう満たせない

熟女好みの例外もありますが、一般的には男性はいくつになっても若い女性を好む人が多いです。

 

よって、加齢で容姿が変化してくると女として見れなくなってくることはままあります。

 

奥さんとしては許せないでしょうが、子孫を残しやすいメスを選ぶ動物的本能に由来するものではあります。

 

特に奥さんが外見を構わなくなり、「女」を捨ててしまっている場合は度合いが増します。

 

2.奥さんの方がセックスに消極的、もしくは拒否

しかし、逆に夫の方はしたいのにさせてもらえないので、外でするケースもよくあります。

 

すべてが子供優先で夫に興味がないとか、夫の求めを断ることが多いといった場合です。

 

奥さんの方は「セックスなんかもういいのでは?」と思っている。

 

でも夫の方はそうではない場合もあるのです。

 

 

 

以上のような人以外に、家での性生活の有無に関係なく浮気をしまくる人がいます。

 

そういう性欲過剰の人については後で述べます。

 

癒し・居場所・承認欲求の充足

性欲以外の目的の代表がこれです。

 

何らかの理由で家庭の居心地が悪いので、外に居場所を求めるのです。

 

  • まったく構ってもらえない。疎外感。自分の存在意義が感じられない。
  • 逆に過剰に束縛されるのが苦痛。
  • 妻が家事をしない。洗い物がたまり、埃だらけの家に帰る気がしない。
  • 逆に完全主義者で自分も完全を求められて、息苦しい。
  • 教育ママで、上昇志向が強過ぎて疲れる。
  • ガミガミ怒られ、常に否定され、小ばかにされる。
  • 価値観や嗜好が全然合わず、一緒にいても楽しくない。

 

浮気相手が自分より外見的に格下なのを見て「なんでこんな女と?」と驚く奥さんがよくいます。

 

そういう場合はたいていこのケースです。

 

手料理を作ってくれて、やさしくしてくれて、「あなたはすごい!」と言ってくれる。

 

夫は奥さんにない癒しを感じて惹かれているわけです。

 

奥さんに直すべき点がある場合もあると思います。

 

しかし、自分が問題のある状態だとしても、そもそもの原因は夫と反論される場合もあるでしょう。

 

家事を軽んじて感謝のひとつもなく、つまらないことにお金を浪費して、服を脱ぎ散らしているから夫に腹が立つのだ、とか。

 

いずれにせよ、このケースでは夫婦関係の悪さが深く関連しています。

 

刺激・冒険

奥さんに特に不満はなく、性生活もまだある状態でも、刺激求めて浮気をしてしまうことはあります。

 

仲の良い夫婦でも必ずマンネリの時期がやってきます。

 

仕事も家庭も毎日同じことの繰り返しでつまらない。

 

そういう時に倫理に反した関係はワクワクする非日常体験で、ついやってしまうわけです。

 

男性としての自己確認

「自分は男としてまだまだ魅力があるんだ」ということを確認したくて浮気をする場合もあります。

 

自信満々だからではなく、逆に不安があるからこそ、バイアグラを使ってまでする場合もあります。

 

受動的に浮気が始まる場合

だんなさんが自ら望んでするのではなく、相手に言い寄られて「妻に悪い」と思いながら、浮気を始めてしまう場合もあります。

 

イケメンで性的魅力のあるだんなさん。

 

誰に対しても気づかいがあって、親切で頼れる男性。

 

そういう男性なら、女性からのアプローチも多いでしょう。

 

そしてその中に好みのタイプ、魅力的な女性がいれば、誘惑を斥けるのは難しいです。

 

ほかには同僚・友人にノリで風俗に連れていかれたことがきっかけで、女遊びに火がつくようなケースもあります。

 

今まで妻が夫を支えてきた場合

以上は一般的な話ですが、夫婦関係が特殊な場合、違う理由もありがちです。

 

例えば、下積みで収入が乏しい夫を妻が長く支えてきたもかかわらず、浮気されたり、逃げられてしまうことがあります。

 

こういう場合は複数のケースが考えられます。

 

妻の支えはありがたいが、負い目を感じる

いまだ成功は遠く、期待に応えられない自分が不甲斐ない。

 

これからも期待に応えるべく努力していかねばならないのがつらい。

 

もう解放されて、マイペースに自由に生きたい。

 

妻が自分の成長について来れていない

妻の支援のおかげで成功に近づいてきた。

 

自分は成長して今までにない景色が見えるようになった。

 

なのに妻は昔のままで、一緒にいてもつまらなく感じることが増えた。

 

妻は自分が昔のままでいることを望んでいる

支えてきてくれたのは事実で感謝している。

 

しかし「私がそばにいないとダメな人」のままでいてほしいのを感じる。

 

自分が成長するためには、実はこの女性と離れるべきではないのか?

 

夫婦間の問題が関係していない場合

浮気の背後にはどちらかが原因のセックスレスや性以外の不満があることが多いです。

 

しかし、そうではなく、本人の性欲過剰に起因する場合もあります。

 

1.仕事ができる活動的なオスのタイプ

こういう人は男性ホルモンの分泌が多いため、性欲旺盛なことが多いです。

 

この中にはまず、仕事にのめりこみよく稼ぐが、家庭をあまり顧みないタイプがいます。

 

そういうタイプは次のようなことを考えています。

 

  • 浮気は男の甲斐性。女にモテるからこそ、仕事もできる。
  • いい暮らしをさせてあげているのだから、少々の遊びには目をつむるのが妻の器量。

 

一方、良きパパ、良き家庭人であり、愛妻家でもあるのに、浮気をしている場合もあります。

 

そういうタイプは次のようなことを考えています。

 

  • 妻を家族として愛しているが、家庭と性生活は別。
  • 妻を信頼してるからこそ遊べる。

 

2.浮気症・女好き・遊び人タイプ

1とは異なるタイプの性欲過剰です。

 

こういう人は結婚前から浮気が絶えなかった場合も多いです。

 

持って生まれた性癖であり、治すのも難しいし、そもそもそんなに悪い事と思っていません。

 

まとめ

このように夫が浮気をする原因はさまざまなものがあるわけです。

 

偏った思い込みをせずによく見極めることが必要です。

 

的の合った行動を取る

例えば、女を捨てただらしなさに幻滅しているのが原因なら、少し女磨きをして誘ってあげれば、夫婦仲は氷解するかもしれません。

 

しかし、妻の小言にうんざりして癒しを求めているなら、それは的外れです。

 

自己確認や承認欲求の衝動にかられているなら、感謝し、認めてあげ、性生活をともにすれば収まってくるかもしれません。

 

しかし、過剰な束縛に疲れているなら、少し手を抜いてほったらかす方が効果的でしょう。

 

自分はどうしたいのかを考える

浮気をやめさせて関係回復したいなら、浮気の根本原因の解消を考えるべきです。

 

しかし、もう離婚に心が傾いているなら、財産分与・親権・慰謝料などの研究と準備を始めるべきです。

 

いずれにせよ、浮気の証拠をそろえて、一度夫婦でじっくり話し合うのがよいのではないでしょうか。

おすすめの探偵社 MJリサーチ

全国の探偵社は公安委員会に届出済の合法企業だけで6,600社以上あります。

 

自動車のトヨタ・ニッサンのように世間に名の知れた企業もないので、いざ頼むとなると途方に暮れます。

 

そこで当サイトから1社お勧めすると、MJリサーチはどうでしょうか?

 

大手有名探偵社で20年以上の経験を持つベテランが中心になって設立した探偵社です。

 

大手の調査品質を3〜4割安く提供するのがサービスコンセプト。

 

弁護士、行政書士、シンママの転居支援や就職支援の企業とのコネクションも強固です。