【レンタルGPSによる予備調査|浮気調査の費用節減】

一定の情報は得られる

レンタルGPS

【車のキーほどの大きさの強力磁石付きGPS】

 

ここまで探偵を使う前提で情報提供してきました。

 

しかし、低価格の探偵でも予算的にきつい、何とか自分でできないか、という人もいると思います。

 

そこでレンタルGPSを使った方法をご紹介します。

 

これは探偵の費用を下げる予備調査としても役に立ちます。

 

GPSのレンタルは10日で2万円、30日でも3万5000円程度で実施可能です。

 

レンタルGPS法の概要

パートナーが自家用車またはバイクを使って浮気をしている場合にのみ調査可能です。

 

GPSを自家用車の見えない場所(車体下など)に装着し、パソコン・スマホ・ガラケーなどで移動経路を確認します。

 

経路の確認は地図上でできます。

 

わかるのは移動経路だけで、写真など証拠を押さえることはできません。

 

しかし、長く駐車している場所がわかれば、ヒントにはなります。

 

駐車場所の住所が表示され、ボタンを押すとグーグルアースに移行して、実際に足を運ばなくても付近の様子を360度静止画で確認できます。

 

ラブホテルで駐車していれば、浮気は確実。

 

職場など心当たりのある場所以外で長く駐車していた場合は、その付近に浮気相手の家がある可能性大。

 

現場に行ってウロウロしていると鉢合わせしたり、浮気相手がこちらの顔を知っていて先に発見されたりする危険があるが、グーグルアースを使えば、周辺をくまなく散策できる。

 

複数日に調査して、いつも同じ行動パターンとわかれば、後で探偵に頼む場合も費用が節約できる。

 

この調査が向いている人

この調査方法が向いているのは、下記のような人です。

 

  • まずは、車でラブホや不審な家に行っているかどうかを調べるだけでいい。
  • 探偵に依頼する前に行動パターンを把握し、調査費用を下げたい。

 

不審行動が確認できた場合の次の行動

さて、ラブホや不審な家への訪問が確認できたとします。

 

次に何をしたらいいでしょうか?

 

レンタルGPSの調査を実行する前に、怪しい結果が出た場合に次はどうするつもりなのか、よく考えていただきたいです。

 

行動1 パートナーに白状を迫る

GPSをつけて調査したことをパートナーに告げ、ホテルや怪しい家で誰と何をしていたか白状するよう迫る。

 

多くの人はこれをするでしょう。

 

しかし、車がどこかに停まっていただけでは浮気の証拠にはならないことは、事前によく承知しておいてください。

 

たとえ、調査結果をプリントアウトしておいてもです。

 

相手はあっさり認めるとは限りません。

 

特に場所がラブホテルでなかった場合は、「友人の家だ」「得意先だ」「行きつけの喫茶店」といくらでも言い訳出来ます。

 

ラブホの場合も「浮気ではなく、ホテトル(派遣型風俗)嬢。ごめん、もうしない。」とその場は謝って、以降は警戒しながら浮気を続行するかもしれません。

 

GPSの記録は離婚裁判の証拠にはもちろんなりません。

 

以上のことを承知の上で、「大丈夫。これで十分。白状させて問題解決できる。」と考える人はやってください。

 

行動2 自分で証拠を押さえる

素人が探偵のまねごとをするのはおすすめしません。

 

相手が車に戻って来るのを物陰でキョロキョロしながら待っていると、不審者として通報される危険があります。

 

特に変質者の事件が多い昨今、住宅地や閉鎖的な田舎町ではすぐに通報されるので、プロ探偵も張り込み時は注意しているのです。

 

次に、相手が先に発見する危険も大きいです。

 

変装などしたところで、よく知っている人間は全体の背格好で遠方からでも識別できるのです。

 

相手に気づかれないように鮮明な写真を隠し撮りするのも、至難の業です。

 

顔を知られている人間が撮る場合、かなり離れて撮る必要がありますが、望遠での撮影は難しいし、見通しのいい場所で距離を取れるとも限らない。

 

夜間の事も多いし、雨や雪が降っている場合もあり、これも鮮明な撮影を困難にします。

 

リスクばかり大きくて、証拠能力のある写真が撮れる可能性はゼロに近いと思うので、やめた方がよいです。

 

行動3 現場に乗り込んで直談判する

長時間停車している場所に、調査時点で自分が乗り込んでいく方法もあります。

 

ただし、これはパートナー、および浮気相手と大喧嘩になる危険があります。

 

暴力沙汰や警察を呼ぶ騒ぎになる可能性すらあります。

 

奥さんの浮気の場合、相手は屈強で凶暴なヤクザのような男かもしれません。

 

それでも構わない、首根っこを押さえる、という人はやってください。

 

行動4 探偵に頼む

一番賢明な選択だと思います。

 

相手の行動パターンが事前にわかっていれば、探偵も投入人数や車の数を絞り込めます。

 

特に相手がいつも同じ場所で密会していることが分かった場合は、最小限で済みます。

 

勝負日さえ間違えなければ、調査は半日で終わるかもしれません。

 

数万円のGPSの事前調査で探偵費用を大きく節約できるでしょう。

 

おすすめのレンタルGPSサービス

「イチロク」がおすすめです。

 

おすすめの理由
  • 料金がリーズナブル
  • 発見されにくい真っ黒で小型の本機
  • 走行中に落下しない強力な磁石付き
  • 確認画面はパソコン・スマホ・ガラケー対応
  • 一定時間間隔(5分おき、など)の位置確認スケジュール設定可能
  • 現在位置の住所が出る
  • その位置の現場の様子をグーグルアースで見られる
  • レンタルも返却も宅急便

 

レンタル料金
(他の日数のプランもあります。)

1日プラン

1週間プラン

30日プラン

90日プラン

5,000円

16,800円

34,800円

89,800円

 

レンタルGPS「イチロク」はコチラ

 

GPS調査を避けた方がいい場合

 

相手が警戒している場合

あなたが浮気を疑っていることをパートナーが知っている場合はやめた方がいいです。

 

GPSが装着されていないかチェックし、発見される危険が大きいです。

 

「これはお前がつけたのか?何を調査してるんだ?!」と怒鳴られるかもしれない。

 

あるいは黙って捨てられるかもしれません。

 

紹介しているGPSの磁石は強力で、走行中に勝手に落ちたりしません。

 

なくなっていたなら、それは発見されて捨てられたということです。

 

その場合、当然弁償する必要があります。(本体紛失は19,500円)

 

他人の車の場合

浮気相手の車や会社の車を使用している場合、GPSを勝手につけるのは犯罪です。

 

発覚すると警察沙汰になるのでやめましょう。

 

車検が近い場合

パートナーの判断で急に車検に出され、整備工場で発見されてしまう可能性があります。


page top