【浮気調査|探偵の調査の種類】

探偵社のメインの仕事

探偵社・興信所の仕事の7割以上は浮気調査です。

 

この調査のやり方の概要などを説明します。

 

浮気調査とは具体的に何をするのか?

プロ探偵の浮気調査とは、ターゲットを尾行・撮影記録して、ラブホテル出入りなどの証拠写真を入手することです。

 

使われる手法は尾行・張り込み・撮影の3つで、これらは合法です。

 

結果は調査報告書にまとめてくれますが、撮影日時・路線名・店名などがすべて記されているのが本式です。

 

私物やメール、SNSなどの調査は請け負わないし、別れさせ工作などは完全に違法です。

 

チーム尾行が原則

プロの尾行は2人以上のチームで行うのが原則です。

 

人間はトイレの問題があるので、長時間の単独尾行はそもそも物理的に無理です。

 

チームで行う理由はもちろんそれだけではありません。

 

近づく役割を交代したり、片方がターゲットの先回りをしたりなど、バレずに長時間追尾するためのテクニックを駆使するためです。

 

徒歩尾行と車両尾行

尾行の方法は、徒歩・電車・バスなどで移動する相手を追う徒歩尾行と、車で移動する相手を追う車両尾行に大きく分けられます。

 

実際の調査現場では両者が混じることもよくあります。

 

車を駐車場に置いて歩きのデートに移行する場合。

 

タクシーに乗ったり、浮気相手が車で迎えに来て、徒歩尾行から車両尾行に移行する場合。

 

終始徒歩尾行と予想される場合、費用節約のために車を用意しないという選択はアリです。

 

しかし、万が一徒歩から車使用に移行した場合は、尾行を断念するということを覚悟しておかねばなりません。

 

プロの技術が必要な浮気調査

「人の後をつけるぐらい簡単だろう、自分でもできるのでは?」などと考える人がいます。

 

とんでもない話です。

 

尾行は探偵技術の中核をなす、奥深い技術です。

 

素人は、相手がUターンしてきたり、エレベーターに乗り込まれた時にどうすべきかという初歩的な質問にも答えられないでしょう。

 

車両尾行はさらに難易度が高い。

 

近くで真後ろにつけたら、ルームミラーにまる写りだし、距離を取ったり間に車を挟むと、素人は確実に見失います。

 

パトカーに止められたり、交通事故を起こす危険も大きいので、素人の車両尾行は絶対にやめておくべきです。

 

夜間にラブホテルから出てくる二人を、気づかれることなく、顔を鮮明に撮影することも素人には無理でしょう。

 

たかが浮気調査と思われがちですが、実は技術的には相当難しい。

 

難しいことができる訓練された人たちにしかできない仕事だから、それなりのお値段がするわけです。

 

安くて調査力のある探偵社を探す