【探偵への十分な情報提供|調査費用の節減】

スムーズな解決はコスト削減に直結

探偵に十分な情報を提供することが費用節減につながります。

 

解決までの時間が短縮されるからです。

 

各種の調査について具体例を見てみましょう。

 

安くて調査力のある探偵社を探す

 

浮気調査

  • 配偶者の氏名・年齢・職業
  • 写真と外見的特徴
  • 車の車種・色・ナンバー
  • 最近の不審な言動
  • 浮気を疑う日(決まった曜日とか、フィットネスに行く日とか)
  • 浮気相手の心当たり情報

最近の不審な言動は、日時とともに記録してあるとベストです。

 

浮気をしそうな日の絞り込みに役立ちます。

 

SNSなどで浮気相手と疑う候補者の写真が入手できているなら、それも提出しましょう。

 

ただし、相手の携帯を見たりするのは発覚のもとなので避けてください。

 

人探し

共通
  • 氏名・生年月日・性別・年齢・住所・携帯番号
  • 写真(顔と全身)
  • 外見上の特徴
  • 趣味・嗜好
家出人
  • 家出の事情
  • 家出の日時
  • 家出時の服装・持ち物
  • 家から持ち出した物
  • 移動手段(徒歩・車・バイク・自転車)
  • 同行者の有無
  • 自室に残されたもの(探偵が希望すれば部屋を見せる)
遺産分割の相続人
  • 相続案件が存在する証拠
  • 探し人が相続人である証拠
生き別れた親族
  • 離れ離れになった事情や当時の写真など
  • 手紙・メルアド・目撃情報など現在の手がかり
旧友・恩師等
  • 当時の住所・学校・勤務先・家族構成・行きつけの場所など、できるだけ多くの情報
金銭トラブル等の相手
  • メールのやりとり、契約書、領収証など、被害を証明するもの

 

ストーカー規制法などにより、家族の家出以外の捜索は受付が厳しくなっています。

 

探偵がストーカーや借金取りの人探しに協力してしまうのを防ぐためです。

 

家族の家出人以外の人探しでは、依頼の正当性を示すものがないと、受任に手間取る可能性があります。

 

結婚調査

  • 婚約者の顔写真
  • 婚約者について相談者が知っていることすべて

 

相手の学歴・職歴、趣味、実家のことなど、耳に入っているは情報すべて伝えてください。

 

例えば、学歴詐称がないか裏付けを取るのと、学歴が不明なものを一から調べるのでは、かかる時間も費用も全然違います。

 

また、何もかも調べると時間もかかるし、費用も大金になります。

 

調べたいことの重点がはっきりしていると調査活動も絞り込めて、費用節減につながります。

 

例えば主に気になっているのは、実家の様子なのか、相手本人の素行なのか、などです。

 

ストーカー調査

  • 調査対象者について入手できる情報すべて
  • 被害の記録
  • 被害の証拠

 

相手が誰かわかっている時は、氏名、写真、携帯番号、勤務先など、わかる範囲の情報はすべて伝えましょう。

 

いつ何をされたか記録しておき、探偵に提出しましょう。

 

被害の証拠とは、例えばメール・プレゼント・落書き・誹謗中傷のチラシなどです。

 

安くて調査力のある探偵社を探す