【費目の検討方法|浮気調査の費用節減】

常に総額で比較することが大切

調査の費目構成は探偵社によってバラバラです。

 

この複雑さを利用し、安く見せて高く売ることが横行しています。

 

細部に目を奪われて高い買い物をしないように。

 

常に総額が問題なのだ、という話をします。

 

安くて調査力のある探偵社を探す

 

調査員の料金相場

日調協の傘下の団体が実施した探偵の料金相場調査があります。

 

日調協とは、日本調査業協会の略で、複数ある業界団体の中で一番大きく、権威のあるところです。

 

探偵料金相場のグラフ

 

2名1時間当たりの料金になっている理由は、ほとんどの調査は最低2名で行われるからです。

 

単独尾行は失敗率がとても高いので、尾行はチーム尾行が原則。

 

人探しもできるだけ大人数でしないといけない仕事です。

 

研究のために一人当たりの時間料金を出すと、下記のようになります。

 

構成比率

2名あたり料金

1名あたり料金

36%

2.0〜2.5万円未満

10,000〜12,500円

28%

1.5〜2.0万円未満

7,500〜10,000円

24%

1.0〜1.5万円未満

5,000〜7,500円

12%

その他

その他

 

探偵社ではよく探偵一人当たりの料金を提示しています。

 

それを上の表と比較したら、相場かどうかわかるな、と考えるかもしれませんが、違います。

 

上の表は諸経費抜きという統一条件での比較ですが、探偵社のサイトに載っている費用の条件はまちまちです。

 

他の経費が込みの場合もあります。

 

例えば、7,500円だが車や機材費が別に6,000円くらいかかるなら、合計は13,500円。

 

12,500円で車や機材費込みなら、こちらの方が安いということになります。

 

人件費の安さをアピールして受注し、他の費用がえらく高いという場合だってありえます。

 

人件費ばかり気にしても正しい判断はできず、上のデータはあくまで参考です。

 

後日実費精算の中身

契約時に着手料、調査料、基本料金等の名目で料金を徴収し、調査終了後に実費精算を行う探偵社も多いです。

 

最初の料金は安かったり、まあ相場だったりします。

 

では、実費精算とは何か?

 

「ガソリン代、高速代、駐車料金、電車やバスの交通費などは、調査が完了しないと確定しません。」

 

そう説明されたらその通りです。

 

それは尾行のターゲットの行動によって変わるからです。

 

それに、その種の内容なら実費精算の金額も大したことはありません。

 

それで安心して待っていると、調査完了時に目がくらむような金額を提示される場合があります。

 

中身を見ると、ガソリン代や交通費だけでなく、車両代・機材費・報告書作成費など、いろいろな費目がぶちこまれています。

 

「いやいや、車も何台必要になるか、実際にやってみないとわからない。報告書の分量だって同じ。」

 

そういう説明をするでしょう。

 

これは最初の費用の安さに目を奪われて、そこに何が含まれるか確認しなかった点が問題です。

 

常に総額が問題

探偵社は費用の一部だけを示して、その安さをアピールする傾向にあります。

 

上の2つの例で分かるように、常に総額で比較しないと正しい判断はできないのです。

 

安くて調査力のある探偵社を探す